• mori0718

主宰blogあけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

2020年はコロナという今までにない生活を世界中が体験しました

これまでの当たり前の生活に感謝し、何か月も座禅したままの様な自粛時間がありました

一部の俳優の生きる事への拒否が出口のないトンネルの象徴にも感じました

しかし、今も生きている私たちは、昨年思考を停止する

時間があった事により新しい発想がでたり

新しい常識に対応する準備をしていたのかもしれません


今の不安は頭の中で起きているだけ

2011年の大震災、2008年リーマンブラザー破綻による金融危機

その前は、バブル崩壊等々・・・

もっと言うと、近代だけで大東亜戦争の終了、明治維新と

個人も国も沢山のターニングポイントを体験して今があります


2021年中旬にはきっとコロナが落ち着くでしょう その際には、各業界の常識が少し変わり

新しい形態に対応して生活をすることになるに違いない

それは、とても不安な出来事の一つにも感じる


現状の厳しさに落胆することなく2021年を有意義に過ごす

この「間」が後々に悪い働きをするとは思えない

非常であっても未体験を体験することが、ワクワクする


2022年いい年を迎えられるよう2021年を楽しみましょう!!


株式会社 杜プランニング 代表取締役 菊地盛敏

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ