• mori0718

主宰blogどんと祭

仙台では「どんと祭」という正月飾りを焼き

一年の無病息災・家内安全を願う習慣が 300年以上も続いているらしい


具体的には町内や神社に正月飾りを 持ち込んで焼いてもらう

町内にある小さな神社へ私は行った

理由。どんと祭で振舞われる甘酒

ここでの甘酒が一番おいしいと、私の舌は記憶している

神社へ着いた私は、正月飾りを燃やしてもらうよう

担当の方へ渡し、すぐにまわりを見渡し甘酒探し

ところが「ない!」、よーく見わたしても「やはり、ない!!」

コロナのせいだ。きっと、コロナのせいに違いない!!

「何故、コロナだと甘酒がないのだ?」心でつぶやくが事情はかわらず・・・

まわりの方にお尋ねするのも卑しい感じがするので

がっかり感を顔に出さないように帰路に着いた

駐車場では、これまたコロナの影響で

あえてなかった友人に会った

元気そうで何よりな顔をしていた

どんと祭に来てよかった

目的は、すべて達成されたわけじゃないけど・・・

帰宅して、食事が終わった後

悪ふざけしている長男が大きく転んで

メガネのガラスが砕け飛び散った

私は43年生きてメガネ割れたの初めて見た

まぶたに切り傷がついて血が出ていた

眼球は大丈夫か?失明したらかわいそうだ

結果はセーフだった


きっと、どんと祭で家内安全を願ったから

大事に至らないよう神様が働いたに違いない

長男がけがをしたのは、甘酒目当てで私がどんと祭に

行ったからだとは思うけど・・・

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ