• 菊地

主宰BLOG哲学の道

鈴木大拙

鈴木大拙は、仏教学者です アメリカにも渡った仏教学者です 私はそんな事とは知らず、記念館へ 建築が見たかったんです 広大な人工池に浮かぶように建つ建築です 思想空間と言うらしい 確かに、思想空間だ 8m各位の4角形のその部屋からは 4方に窓がある それが、とても幻想的なのだった

鈴木大拙を知ろうと本を買ったら 石川県出身の西田幾多郎との名が・・・ 知る由もない が、京都の銀閣寺近くの哲学の道の由来なんだとか ふと、足を留めた記念館からいろんな知識が波紋を広げる 哲学の道を始めて歩いたのは19歳の時の一人旅だった 「何で哲学の道なんだろう?」なんて思っていたが その謎が20年後にわかるとは・・・

19歳から旅を始め、30歳から11年読書と旅行に力を入れてきた 知識と体験の点が線になりつつある 目に見えるように仕事にも生きてくると嬉しいですが なかなか実感はないのが残念ですけど(笑)

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ