• mori0718

主宰blog売れる商品

「商品は売れなければならない」らしい

資本主義社会においては第一にこれだ

モラルだの環境だのと能書きを垂れても

儲からない商品は駄目商品だ

正義の味方医者も同じだ

令和時代では儲からない事はしないでしょう?


庭の世界は、スターが少ないのでわかりやすい

日本の庭の初めは、僧侶である夢窓国師が室町時代に登場

京都の庭を作る。僧侶が故、神仏的作品が

その次に現れるのが表千家の千利休だ

千利休は、堺の商人だったが美的センスを信長に引き抜かれ

スターダムに引き上げられる。秀吉、家康にも好かれた。

スタイルは、侘茶(わびちゃ)という質素なもの。

数少ない庭のスタイルも質素で死臭がしそうな静かなもの 次世代に茶と庭の基本と地位を創作する

江戸時代初期には、侍であり茶道家の小堀遠州。

施主に合わせたパフォーマンスが凄すぎる。

二条城やら大徳寺の塔頭やら京都中心に数多くの庭を手掛ける

時代はとんで明治時代。小川治兵衛が登場

無粋庵等、政治家と事業家、関西に限らず

東京でも数多く作品が見られる


神仏や思想で夢窓国師や利休が作庭したが

小堀遠州は見せる庭を作り圧倒的大人気だった

小川治兵衛は施主の好みを求められた以上の

仕上がりで圧倒させる技を持っている


私が見ているところ売れるものを作るようになったのは

江戸時代からかもしれないと感じる

哲学的なものはバイヤーには伝わりにくい

遠州、治兵衛ともに華やかさと解りやすさが目に焼き付く


どちらかというと、前者な私はいつになったら売れるのだろうか?

ま、このままの思想で作り続けるだろうけど

売れなってもいいや

ということで、今年から洋風侘庭を創作する

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ