• 菊地

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル

だが・・・

久々に、建築の本を手に取った

この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」

そんな程の本


日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・

その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる


日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している

44人中7人、6%も日本人が受賞している

オリンピックの金メダルで例えてみよう 一度のオリンピックで441ケゴールドメダリストが誕生するらしい

強いてオリンピックでいうと、一大会で30個近い金メダルを獲得することになる

デザインという、欧米へのジャッジの有利さを考えると

更に、凄くないか?


実は、世界各国で日本の建築家20代から90代までも

戦後建築を作り続けている

どの国に行っても、日本人の設計した建築を拝見することも出来る

英語が出来ないから海外で働けない?

日本人建築家への期待度は、言葉の壁を超えるのだろう


そんな、日本の建築家の重宝されている現状

マスメディアにもう少し、取り上げてもらいたいと私は思う

そんな、建築の本に少々うれしさを感じた今日この頃

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年も4分の1経過しました 生活でのコロナの制限も減り コロナ以前の日常を取り戻しつつありますね 入学の4月、受験に受かった方も落ちた方も 今後の自分を信じて頑張ってください 私は高校受験に失敗しました 絶望的だと思いましたが今は楽しく生活してます(笑) そして、今月から私は再び大学生になりました あんなに頑張って18歳の時勉強したのに 今は、無試験で入れるんですもの・・・ ランドスケープの全