• 菊地

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル

だが・・・

久々に、建築の本を手に取った

この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」

そんな程の本


日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・

その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる


日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している

44人中7人、6%も日本人が受賞している

オリンピックの金メダルで例えてみよう 一度のオリンピックで441ケゴールドメダリストが誕生するらしい

強いてオリンピックでいうと、一大会で30個近い金メダルを獲得することになる

デザインという、欧米へのジャッジの有利さを考えると

更に、凄くないか?


実は、世界各国で日本の建築家20代から90代までも

戦後建築を作り続けている

どの国に行っても、日本人の設計した建築を拝見することも出来る

英語が出来ないから海外で働けない?

日本人建築家への期待度は、言葉の壁を超えるのだろう


そんな、日本の建築家の重宝されている現状

マスメディアにもう少し、取り上げてもらいたいと私は思う

そんな、建築の本に少々うれしさを感じた今日この頃

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blogウッドショック

絶えずイレギュラーが年々起こる コロナが解決しないうちに住宅業界は 大きな問題が起こりつつある 2020年は、実は住宅業界のダウンサイジング 規模縮小による生き残りが必要だった 2021年 現在、木材の高騰中!! 理由は、カナダ・アメリカで住宅が量産されているらしく 現地での値上げも3倍以上と物凄い・・・ 日本では、外国からの木材輸入が減ることにより 国産材が当てにされ、木材全ての価格が高騰 更に