• 菊地

主宰blog犠牲のもとで


七ヶ宿は昭和56年から建設された 宮城県にあるダムである

七ヶ宿は、宮城県から山形へ延びる

羽州街道の宿の集まる街の一つだった

そのダムに沈んだ町の写真展が催された


「自分の生きてきた町がダムの底へ沈む」


七ヶ宿から移住する住民の

アイデンティティーがなくなるのだ

みんなの為に犠牲になる


このダムは、洪水調整の他

水道水の供給が主な目的だ

実は、仙台は元より200K離れた 松島市や富谷市まで最大193万人分の水を供給している


                今は昔。移住してくれた住民たちの協力を

                感謝しなければならない

               

私の心に残ったこの写真は

                金で買えない何かを語っているように見える  


               まずは、さらに水を大切に使おうと思う

                


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年も4分の1経過しました 生活でのコロナの制限も減り コロナ以前の日常を取り戻しつつありますね 入学の4月、受験に受かった方も落ちた方も 今後の自分を信じて頑張ってください 私は高校受験に失敗しました 絶望的だと思いましたが今は楽しく生活してます(笑) そして、今月から私は再び大学生になりました あんなに頑張って18歳の時勉強したのに 今は、無試験で入れるんですもの・・・ ランドスケープの全