• mori0718

主宰blog生涯現役

現役のまま長生きする

それは、とても大変なことだ


森喜朗83歳、東京五輪組織委員会会長を辞任


理由は、「女性の会議は時間がかかる」発言だ

野党や女性たちは、辞任を求め批判

本当だろうか、世界からの批判も沢山あったらしい・・・

「女性のおしゃべりは時間がかかる」と誰かが言ったら

何かを辞任させられる理由になるのだろうか?


私は辞任はやりすぎだったろうと思う

政治家としての森喜朗の評価は別として

83歳という、一般的には高齢かつ、元首相の

中止かもしれない東京五輪組織委員会会長を

辞任に追い込むほどの発言ではない


83歳というと戦前の生まれだ

240度くらい当時の常識とは違う

これからも次々に代わる常識に我々はついていけるんだろうか?


この老人を少しくらい許せないのだろうか? 誰しもお断りしたい東京五輪組織委員会会長を辞めさせることに

何か意味があるのだろうか?

そして、世論の大半が本気で森喜朗に怒りを持っているのだろうか?

これは、ネトウヨ、ネット批判と何が変わるのだろうか?


世間が潔癖すぎるのではないか?


平和な国になったが、生き辛さを感じる 居酒屋での会話を公安が盗聴したら全ての客は逮捕されるだろう そして、私は死刑になるかもしれない(笑)

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ