• 菊地

主宰BLOG龍馬伝Lose

坂本龍馬

坂本龍馬。江戸から明治への その歴史の立役者とされている が、私は信じない

いくらなんでも権力の元々ない一人の人間が 成し遂げられる事ではない だから、作られたドラマの人だと私は思う

江戸時代が終わった最大の理由は武士が まともな給金を得られなかっただろう ペリーが乗ってきた黒船に日本人は驚いたが 天皇攘夷とは、話が違うのでは? 江戸幕府と外国でも良かったのでは? と、私は思うのだが そして、大政奉還後の戊辰戦争が起こる やはり、戦争が起きてしまう事になるのだし・・・

幕末の本が坂本龍馬だらけで 本当の知識がなかなか得られない気のする私です

が、NHKで放送した「龍馬伝」をDVDで借りて 私は楽しく見てしまってました 確かに坂本龍馬はドラマ映えする男だ 福山演じる坂本龍馬を40過ぎた私は応援して このフィクションに入り込んでしまうのだった

龍馬が与えられた身分を大きく乗り越え 世間に影響を与える姿を政治家や会社社長が 自分の人生ではないかと感じさせるらしい が、それは漫画ワンピースの主人公と 取り柄のないサラリーマンが 自分を同一視する光景に近い

私はその様になじめないのだった だから、フィクションを冷静に楽しむのだった そんなつもりの龍馬伝だったが 推定40時間にもわたるドラマが 龍馬が見回り組に斬られ終わってしまった・・・ 今、私は龍馬伝Lose・・・

次は、何の大河ドラマを観ようかしら・・・

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ