• 菊地

避暑地2

自称、青森アピール大使の菊地です

青森には他にも見所があります

有名どころでは、青森市の近代芸術の青森美術館とか

東日本の素晴らしい縄文時代であった事を示す

三内丸山遺跡等も有りますが、

今回青森の、弘前→田んぼアート→奥入瀬→浅虫水族館→恐山→大間と

足早に旅しました

浅虫温泉は、青森らしさあふれるフレンドリーさがあり

イルカショーも近くから見れ迫力満点

恐山は、死後真っ先に魂が飛んでいくと言われています

現地は美しい白い砂浜です 怖くありませんよ

そして、温泉があります

私はタオルを忘れません(笑) ちゃっかり今回も入りました

大間は、マグロが美味しい!!

土産物屋チックなところで食べてみましたが

筋のない、脂の乗ったマグロでした・・・

しかし、遠い・・・

足早に青森を旅をしてみました

涼しいのとクレジットカードが使えないところが多かったりと

いつもの生活より田舎な感じが深い森と共に

ノスタルジックなムードを高め心を休めてくれるのでした

来年も夏は青森に行きたいような気がする

今回も、太宰治記念館には行けなかったし・・・

来年は青森アピール大使に選ばれるように!?

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ