• 菊地

幼少期



TOTO間で先日開かれた建築家講演会で感じた事です

もしや、小学校低学年で感じた事が個性ではないか?

建築家に限って言うと ・お父さんと小屋づくりをしたので建築に興味を持った ・お家のリフォームを通して建築に興味を持った ・野山で遊んだ記憶があり昆虫の気持ちで建築を計画する ・戦争時幼少期だった為、暗い気持ちを表現する ・ハーフだった為、日本的であり、外国的である 等々です

そんななか、幼稚園時はほぼ記憶がなく 中学生では勉強ばかりしているはず すると、小学生の頃の記憶や行動が かなりの個性を作り上げているはずだ さほど、教わっていないところが個性と言う事でしょう

建築家達は言います 「遊園地では遊具の遊び方は一種類だが 野原での遊び方は無限大なのだ」と

小学生は感覚を鍛えるのに必要な期間なのかもしれない 勉強はほどほどに? 自己称賛(笑)

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主宰blogジェネレーションギャップ

60代  メディアと共に自分らしさを求める」 メディアと共に成長してきた 50代半ばから後半「元祖オタク世代」 アニメ、ゲームの大流行を体験、   仕事より遊ぶことに喜びや自由を求める 50代      「バブル世代」 人と違う事のかっこよさに金を惜しまない 35歳から40代  「団魂ジュニア世代」 リストラや就職難で社会の辛さを知る プレッシャー世代 40歳まで    「プレッシャー世代」 実は

主宰blogコロナ禍で気づいた事

コロナ禍を体験したことでコロナ禍以前と以後、 何かが大きく変わるとは思えない私だが 「気が付いた事」アンケートには興味があった コロナ禍で気が付いたことランキング 病気にかかりにくくなった 家族と過ごすのが楽しくなった 人と会う時間を大切にするようになった 自分の成長のために時間を使えた 家族の気持ちを考えるようになった 人付き合いのストレスが減った 様々な「気づき」があった様だ 全体的に、家族と

主宰blog日本の建築家

建築の本を参考に建築を作らないのが私のスタイル だが・・・ 久々に、建築の本を手に取った この度は、「世界で日本の建築家が人気がある」 そんな程の本 日本の画家、科学者、お笑い、経済、俳優、資本家、スポーツ・・・ その他もろもろジャンルがあるが、建築が一番認められていると思われる 日本の建築家は建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している 44人中7人、6%も日本人が受賞している オリンピ